スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ←ランキング参加中!ランクアップにご協力下さい☆
←押すと主のやる気が上がります!

【オビツ】ソフビドールヘッドを描く【アゾン】

秋葉原のアゾンでソフトビニール製の無地ドールヘッドを買ってきました。

何種類か買ってはみたものの、普段アニメ調の眼を描くことがないため大苦戦(笑)
今回はその様子を紹介します。

20130503_0106.jpg

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ←ランキング参加中!ランクアップにご協力下さい☆
←押すと主のやる気が上がります!
ネットで参考画像を探し、瞳の描き方を紙に練習描きする。
20130503_0104.jpg


我ながらドへたくそ。
20130503_0103.jpg


ある程度イメージが掴めたら、ドールヘッドに描いてみるよ。
20130503_0105.jpg


今回はアクリル絵の具で描くことにしました。
臭いが気にならなければラッカー塗料(mr.color)とかも描きやすいみたい。
アクリルガッシュを模型用のシンナーで溶いて、ちょうど良い濃度にするのが色乗りを良くするコツ。
20130503_0106.jpg

グラデーションメディウムを使って色の境目をぼやかしたりしながら、白いハイライトも描きました。
う~ん、なんだかしっくりこないなぁ…。
20130503_0116.jpg


正面から。眼のパーツ配置は悪くないんだけどなぁ~。
今回、画像左のオビツヘッド(21-03)にもついでに色入れをしました。
20130503_0112.jpg


8mmドールアイ用のヘッドに6mmの眼を入れるため、裏側からしっかり押し出してやる必要があります。
そのための細工を内部に施します。今回は真鍮線で両眼をつなぎ、スポンジで押してやることにしました。
20130503_0107.jpg


自分はドールでも絵でも瞳が大きいのはディフォルメ化で子どもっぽくなるのであんまり好きじゃないんです。
本当は林浩己さんの作品のような写実的な造型が好きなんです。でも、作れないんです…(泣)
なので、お店で売ってる中で特に「かわええ・・・。」と思ったこのヘッドを選びました。
これもディフォルメ入ってはいますが、アキバのアゾンで展示されていたヘッドをみてグッときちゃったのです。
20130503_0108.jpg


おぅ、、かわええ・・・。
こういうドールアイ形式のヘッドはいままで持ってなかったのですが気に入っちゃいました。
20130503_0110.jpg


ウィッグを着けるとこんな感じ。うん、イメージわいてきた。
まつげ描くの忘れてるけど・・・でも、かわいいな。
20130503_0115.jpg



さて、初めてのオビツヘッドいぢりは今後どうなることでしょう。お楽しみに~♪
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

リンク
C.F.AIR FORCE 特集
C.F. AIR FORCE in DollShow40
C.F. AIR FORCE in DollShow40
C.F.AIR FORCE in DOLL SHOW38【ビネット編】
C.F.AIR FORCE in DOLL SHOW38【ビネット編】
C.F.AIR FORCE in DOLL SHOW38【個別作品編】
C.F.AIR FORCE in DOLL SHOW38【個別作品編】
ドールショウ37
ドールショウ37
ドールショウ36
ドールショウ36
ドールショウ35
ドールショウ35
その他、イベントはこちらをクリック
カメラ・撮影機材特集
SIGMA24-105
SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM
DK-17M
DK-17MとDK-19
CFをスマホで読み込む
CFをスマホで読み込む
Nikon(ニコン)D3 購入
Nikon(ニコン)D3 購入
【Spyder4 PRO】モニター色合わせ
【Spyder4 PRO】モニター色合わせ
ルミクエスト LQ-103
ルミクエスト LQ-103
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。