【2面シリコン型】スラップベースマン!スカルピードールヘッド【レジン複製】

先日のドールショウでは「スラップベース!」というタイトルでこの人形を出品させていただきました。
出来はともかく、このウザイ感じの顔がお気に入りです(笑)
2012 01 15_0949_edited-1
スラップベースとはチョッパー奏法とも言われるベースの奏法のひとつで、親指と人差し指で叩いたり引っ張ったりして音を出します(!?)
目標としてはロカビリーっぽいウッドベースを弾かせたかったのですが製作が間に合いませんでした。



↓こちらからヘッド製作の「2面シリコン型作成~レジン複製」過程の記録を紹介します☆
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ←ランキング参加中!ランクアップにご協力下さい☆
←押すと主のやる気が上がります!
まずはシリコン型をとるための土台を作ります。
このブロックはGSIクレオスの型取りブロックを使用しています。
レゴやプラ板でも、しっかり囲えれば問題ないようです。
bassman (1)


ブロック内を油粘土で埋めます。
bassman (2)


油粘土の中に原型のヘッドを埋め込みます。
この埋め込んだ油粘土の面が、後に表面・裏面のシリコン型の合わせ目になるので、パーティングライン処理を考えて埋め込みます。
bassman (3)


シリコンを流すためにブロック塀の高さを上げます。
bassman (4)


シリコン型同士を合わせるためのガイドになるため「ダボ穴」を開けておきます。
この画像のダボ穴は深めにしてしまいましたが、ここまで深い穴で無くて大丈夫です。
要はシリコン型がズレずに合わされば良いわけなので浅めの穴で良さそうです。
bassman (5)


シリコンを計量し、硬化剤を混ぜます。
今回は200gのシリコンに8gの硬化剤を混ぜました。(実際に使用したのはそのうちの170gくらいかな?)
bassman (6)


原型の細かい部分には予め、筆でシリコンを塗り付けて流れを良くしてやります。
少しづつ割り箸から糸を垂らすようにブロック内に注入。
原型には直接垂らさずに、周りに垂らして徐々に浸透していく感じで流しこみました。
bassman (7)


シリコンをブロック内上端のフチまで注ぎました。
bassman (8)


6~8時間後、周りのブロックを外します。
ブロックの隙間からずいぶんと漏れてます。バリバリです(笑)
ゴムみたいな素材なのでニョイーンとちぎれば問題無いです。
bassman (9)


油粘土を剥がします。
今度はこの剥がした油粘土と同じ形のシリコン型を作ることになります。
bassman (10)


最初と同じ様にブロックを積み上げます。
bassman (11)


裏面のシリコンを流す前に原型やシリコン型の周りに、Mr.シリコーンバリアー等のシリコン離型剤を塗っておくとシリコン同士の癒着を防げるとのこと。
bassman (12)


またまた7~8時間後、もう片方のシリコン型もガッツリと固まりました。
bassman (13)


ずんっ!!
bassman (14)


ぱこっ!
bassman (15)


見たところ、目立つ気泡もなくキレイに型が作れたのではないでしょうか。
この型がどれほどの精度なのかは、レジンを流してみないとわかりませんね。
bassman (16)


では、さっそくレジンを流しこんでみましょう。
シリコン型を合わせて、輪ゴムをしっかり掛けてあります。
輪ゴムの食い込みがちょっとエロい・・・と思えるようになったら立派な変態ですw
bassman (17)


レジンは灯油みたいなニオイがするので屋外で作業することにします。
実際に身体に害のある揮発成分が含まれているので防毒マスクをしましょう。
原型の重さが29gと出ていますので、今回は35~40gくらいのレジンを作れば足りるかな。
bassman (18)


肌色の着色レジンにするため、A液にインクを混ぜます。今回は実験で色々なインクを試してみました。
やまむらじろうさんから教えていただいたマジックインキが一番良さそうです。
しかし、着色レジンの調色は難しく、もっと経験を積まなければば上手くできそうにありません。
bassman (19)


レジンは15~20分くらいで固まってくれました。
「くんくん、灯油くさい・・・。」
bassman (20)


めりめりっ、パッカーン!チャラリチャッチャラー♪
昔話の桃太郎のように、シリコン型からレジン複製物を取り出すのは快感です☆
bassman (21)


おおっ!いい感じで複製できました。
ただ、ちょっと肌色は薄いなぁ・・・。今後の課題ですね。
bassman (22)


今回はファレホとガッシュを使って、全塗装にしてしまいました。
次回は着色レジンを生かした肌作りを目指したいと思います。前向きに修行あるのみ!
がんばりま~す!

どぅんびぃ~どぅびどぅび♪
2012-01-15_0944.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

リンク
C.F.AIR FORCE 特集
C.F. AIR FORCE in DollShow40
C.F. AIR FORCE in DollShow40
C.F.AIR FORCE in DOLL SHOW38【ビネット編】
C.F.AIR FORCE in DOLL SHOW38【ビネット編】
C.F.AIR FORCE in DOLL SHOW38【個別作品編】
C.F.AIR FORCE in DOLL SHOW38【個別作品編】
ドールショウ37
ドールショウ37
ドールショウ36
ドールショウ36
ドールショウ35
ドールショウ35
その他、イベントはこちらをクリック
カメラ・撮影機材特集
SIGMA24-105
SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM
DK-17M
DK-17MとDK-19
CFをスマホで読み込む
CFをスマホで読み込む
Nikon(ニコン)D3 購入
Nikon(ニコン)D3 購入
【Spyder4 PRO】モニター色合わせ
【Spyder4 PRO】モニター色合わせ
ルミクエスト LQ-103
ルミクエスト LQ-103